« コモ~フィレンツェ1日目 | メイン | フィレンツェ2日目(オルチャツアー!後編) »

2011年11月15日

フィレンツェ2日目(オルチャツアー!前編)

アブルッツォ州贔屓なので、
勝手にトスカーナ州をライバル視してます^_^;

とは言え今回は、トスカーナの奥の深さを目の当たりにしたのですが。

初トスカーナのGiannaさんと、
「フィレンツェどこ回ろう~」と相談しているとき、
フィレンツェ近郊在住のくみこさんにいろいろ相談に乗ってもらっていました。

いろいろ話を進めていくにつれて、
せっかくワイン好き、食べるの好き、城好き、ボルゴ好きの2人が旅するのに、
妥協しすぎちゃうか・・・と思い始め、
思い切ってくみこさんにアテンドをお願いしてハイヤーを手配してもらうことに!!
強力な助っ人を得て、やりたかったこと、全部やってきました!

フィレンツェのB&Bまで迎えに来てもらっていざ出発!
まず目指したのはカンティーナ!
しかも2人とも大好きなブルネッロディモンタルチーノ!
RIMG065022.jpg
二本の糸杉が目印の、

RIMG0652.jpg
カンティーナ"Talenti"へ。

RIMG0585.jpg
豊かな土地に強い日差しが降り注ぎます。ええ天気。
これだけでも美味しいワインへの期待が高まります。

RIMG0588.jpg
元何だったっけ??酪農??だったところを
おじいさんが建物ごと土地を買い取ってカンティーナに。

RIMG0591.jpg
今のオーナーはおじいさんの意志を引き継いだリカルドさん(右)。
一緒に写っているのは、ドライバーのジョヴァンニさん。
スローフード協会でも活躍されている方でトスカーナの土地だけでなく、
食に関しての知識も大変豊富な方。

RIMG0604.jpg
残念ながら葡萄の摘み取りは終わっていましたが。
実際は少しずつ摘み頃の時期をずらしながら全て手で摘んでいくそうです。

RIMG0614.jpg
ワインエキスパートのGiannaさんは何やら専門的な質問をされてる様子。

RIMG0592.jpg
私は庭になってる実を見つけて思わずつまみ食い。
結局みんなで食べましたが美味しかった!

RIMG062422.jpg
ワインを一次発酵させるためのタンク。
台形のタンクが動き出しそうで可愛い。

RIMG0634.jpg
醸造の樽。
醸造の判断などもリッカルド氏がされることもあるとか。
このあたりの専門的な話はGiannaさんのブログへ~

ちょうどお腹も空いてきた頃で、そわそわし始める私。
そう、続いてはテイスティングです。
改装したての新しいテイスティングルームへ。

RIMG064222.jpg
沢山賞を取ってはります。

RIMG064422.jpg

RIMG064722.jpg
Rosso di Montalcino D.O.C .2010とBrunello di Montalcino D.O.C.G. 2006を頂く!
難しいことは語れませんが、
なんともお上品で、フルーティで、
時間が経つにつれてどんどん味に芳醇さが増してきます。

思わず「に、肉焼いて持ってきてもらえませんか」
とお願いしたくなりました。
これは私なりの最高の賛辞(!?)。
トスカーナの美味しいお肉料理が恋しくなりました。

そう、時間はちょうどお昼ご飯時。
「お昼はモンタルチーノでジョヴァンニお勧めのお店を予約してますから」
ってくみこはん!よう分かってはる!
お腹空いてる時に、しかも知らない土地で美味しいお店を探すほど辛い仕事はないです。
スローフード協会のジョヴァンニ氏お勧めのお店。期待大です♪

RIMG066122.jpg
オルチャ渓谷を見下ろす丘の上に立つ町、モンタルチーノに到着。

RIMG065822.jpg
堂々と聳える城塞は後回しにして、
まずは腹ごしらえ。

RIMG0662.jpg
平日のお昼だったからか、人気はなし。
RIMG066322.jpg

RIMG068822.jpg
さすがブルネッロの町。エノテカが沢山ありました。

RIMG067622.jpg
時計台が目印の細長い市庁舎

と、
RIMG066922.jpg
その前の広場(広場?)

広場を抜けて、
細い道へきゅっと曲がると・・・
RIMG068022.jpg
目的地"Il grapporo blu"に到着!

ヘビーな北イタリア料理で「プリモ+セコンド」をセットで食べ切る自信をなくしていた私ですが、
先ほどのワイナリーで頭が肉を欲してしまったため、
思い切ってまとめてオーダー!

アンティパストは頼まず、プリモから。
1115foto (10).jpg
栗粉の入ったタリアテッレにキノコとサルシッチャを合わせた、
秋のトスカーナを閉じ込めたような一品。
前日からキノコ狙いだったので命中。
ほんのり栗が香っていました。
シャキシャキキノコと旨みの効いたサルシッチャがよく合います。

このプリモはペロリと頂く。
やはり北は相当ヘビーだったわ。

1115foto (9).jpg
続くセコンドはかなりガッツリの豚!
グラッパで香り付けしているのですが、
日本の粕漬け焼きと少し似て、お酒の甘味が効いた味でした。
念願のロッソモンタルチーノと合わせて頂く!

結局完食。
てか満腹!!満足!!

まだまだ長くなりそうなので、とりあえずここで後編に続く。


投稿者 uko : 2011年11月15日 15:19

コメント

確かに北イタリア料理とは違ったけど、ここはここでかなりがっつり目の食事やったのにやっぱあなたあっぱれ~!!私はアンティパストとプリモでひぃ~ひぃ~やったのに。。やっぱ年かなぁ(苦笑)。

カンティーナにモンタルチーノに、ほんまよかったね~!!まさか行けるとは思ってなかったから感動もひとしお!

ukoさんのトスカーナライバル説、相方に言ったら「向こうはライバルって思ってないと思うで」っていつもは凄いAbruzzo贔屓なくせに冷めた答え!
ますます私の方が燃えてきた~!!!
Abruzzo盛り立ててきましょ~♪
P.S. ないんは糸杉だけやないって相方にまた言われた(T_T)

投稿者 Gianna : 2011年12月 7日 05:18

ほんま、トスカーナもいい機会に恵まれてホンマ楽しかったですね~♪ありがとうございました!
お料理、帰ってから2人して塩気のないもの求めたことも思いで深いわ。。。
トスカーナライバル説。そう、これは誰も認めてないけど少なくとも”気持ち”はそうありたいということで・・・思い続けてます。
てか相方さんの発言も少しは予測が付くようになりました^_^; あの「月発言」で!
>P.S. ないんは糸杉だけやないって相方にまた言われた
知ってる、フィレンツェがないんや(ついでに言えばシエナもピサもサンジミニャーノも(多いな)・・・て言うといてください。
Giannaさん、これからも一緒にAbruzzoへの愛を確かめあっていきましょね。(相方さんもアブルッツォ愛に溢れてるんでしょうけど。)

投稿者 uko Author Profile Page : 2011年12月 7日 09:40

この青!青!!青!!!

なんと素敵な空の色!!

吸い込まれそう~!!!

投稿者 kko : 2011年12月 7日 23:02

ホンマ、この青ったら何なんやろな!!嘘みたいに青いよな!イタリアチームがAzzurroのユニフォームなのはこの空を象徴してるんかな~

投稿者 uko Author Profile Page : 2011年12月 8日 01:02

確かに空、あおっ!やっぱ晴れ女3人の威力やね!!
いや~たいそう喜んでいただけて嬉しいっす。
いやはやトスカーナVSアブルッツォも白熱してますが
トスカーナにはないものをアブルッツォいっぱいもってると思うよ。
何回も言うけど、カンポインぺラトーレLOVE♪
そしてあのアグリもほんまによかった。
トスカーナはある意味、もう有名になりすぎて高ビーのところもあるし
新しい魅力って見つかりにくいけど、
アブルッツォはこれから発掘しまくりでしょう!(ukoはんの力で!)

投稿者 くみこ : 2011年12月 8日 04:53

くみこさん>この空の青さってやっぱりイタリアの空の青さなんかな~と考えてました。
オルチャ、ホンマたいそう楽しみましたよ♪トスカーナvsアブルッツォはまだ全然白熱できてないから、アブルッツォを押し上げていかないとね。くみこさんの言うように、アブルッツォの魅力は逆に知られていないことと、カンポインペラトーレに代表するような雄大な自然ですよね。そして、百戦錬磨のジョヴァンニさんも「アブルッツォ好き」って言ってはったし♪今回もアブでいろいろ資料だけは見せてもらってきましたが、人知れず残されてきたものを”scoprire"する楽しみが沢山ありそうです。少しずつでも発信していけるようにがんばります。(毎年言うてますけど今こそ!)

投稿者 uko Author Profile Page : 2011年12月 8日 10:44

コメントしてください




保存しますか?