« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月25日

とても嬉しいのですが、欲を言えば...

昨日のテレビ放映はご覧になられましたか?

私は例によって友人の家に8時ちょうどに滑り込み、
(いつもありがとう!!)
テレビ画面に映る「アブルッツォ州」の文字に感動し、
opi11.jpg
一言のアブルッツォ弁も聞き逃すまいと、
全神経をテレビに集中させておりました。

そんな時、
一緒に観ていた友人がポツリ

「なんか、今回もまた地味やな...」


・・・えぇぇぇぇ・・・
"地味"って...
しかも"また"って...

衝撃発言に5m位のけ反りそうになりながらも、

言われてみれば、

確かに、

去年のCastrovalvaの時と色目も似てるし、

地味やな。

そう、
前回といい、今回といい、
撮影が行われているのが、
山眠る冬

国立公園などの指定公園が占める面積が大きく、
「緑の州」と呼ばれる程、
緑の豊かさがウリのアブルッツォ州なのに、
opi3.jpg
※番組の映像です
緑が落ちた冬のアブルッツォの絵は、
確かに、地味、だな...
こ、木洩れ日が...逆に切ない...
ジュゼッペェ~~!!←昨日の主役

ちなみにこのOpiも国立公園内に位置しています。

私の国立公園内の山のイメージってこんな感じ。
251_4_PNALM.jpg
※国立公園HPより拝借しました。
ほ~ら、とっても華やか...!!?

「アブルッツォ」と三上博史が言葉にするたび
充分幸せです。

でも、
でも、
もし欲を言わせていただけるなら、
山笑い、山滴る、
そんな時期のアブルッツォも
BSハイビジョンで体感したいな~

--------------------------------------------
ビーニ氏曰く、
今回のOpiも前回のCastrovalva同様、
エッシャーが風景を描き残しているそうです。
いずれも未踏の地。
次の渡アブには、
スカンノも合わせて、
エッシャーを巡る旅もいいね、と話しています。

投稿者 uko : 21:37 | コメント (2)

2011年1月24日

3Dでよみがえる震災前のラクイラ、そして今のラクイラ

今日は8時からテレビでアブルッツォですね~

さて、友人のルカが、
「こんな記事があったよ」と持ってきてくれました。

"Ricostruiamo L'Aquila in 3D sul Web"

イギリス人建築家Barnaby Gunningの発案で、
震災前と後のラクイラの町を、
GoogleEarth上で3Dにしようというプロジェクトが始まっています。

3Dに起こすため、震災前の写真を集め、
現在の町の状況については、
昨年の9月から11月にかけて、
400人以上のボランティアが参加して、
60,000枚にのぼるラクイラの写真を撮り集めたとのこと。

震災からもうすぐ2年。
未だ行き先の見えない町のビジョン。
Come facciamo?
震災前からのラクイラを知る建築家は、
活気があり美しかった町を想い、
"自分たちに何ができるだろう?"と呼びかけるHPを立ち上げました。

このプロジェクトには、
アメリカからGoogleの技術者も参加し
3D化するためのレクチャーを行っているとのこと。
ちなみに、
この週末はちょうどそのレクチャー日だったそうです。

くみ子さんも書いておられましたが、
実情のない復興ばかりをアピールする政府とマスメディア、
まちの現状をGoogleアースを通して世界に発信することで、
波紋を呼ぶ一石となることが期待されています。

ビーニ氏は、元の町の姿を少しでも尊重して、
再建に役立てば...と話していました。

また、多く市民の思いをまとめて形にしたということも、
本当の意味で、復興への一歩を
踏み出したといえるかもしれません。

投稿者 uko : 10:05 | コメント (4)

2011年1月23日

救援物資!

家に帰ってきたら、
明らかに日本のモノではない
黄色のオサレな箱が。

やった!!Giannaさんからだ~!!!
IMG_3066.jpg
私が、Giannaさんのクリスマス報告ブログを読んでは、
「いいな~、食べたいな~、懐かしいな~」を連発しておりましたら、
お気を遣わせてしまいました^_^;

PANETTONEや~!!!
めっちゃうれしいです~!!!
ありがとうございますっ>_<

来月、行われるであろうアブ会で、
是非とも皆で味わいながら
アブルッツォに思いを馳せたいと思います。
みんな~パネットーネやで~!
(Sakaeさん大阪来ないかな~^m^)

しかも、甘いものを普段あまり食べない寒がりの私にと、
さらにスープとハーブティも同封されてました。

スープ大好き。
ハーブティも仕事中よく飲むし♪
これまたサルトファミリーで楽しみます。

んで、

そこはさすがGiannaさん、
dabruzzo.jpg
D'Abruzzoも一緒に送ってくれてました!!

ローカルな雑誌なので、
なかなか手に入らないと仰ってましたが、
見つけてくださってたんですね。
ラブ注入です!!

しかも、
実はこの雑誌には、
このブログでもよく登場しています友人のビーニ氏が、
私が知る限り毎号何らかの記事を執筆しています。

ほら、この号にも。
testo di bini.jpg
何度でも、
こうして友人の記事を見つけられるのは嬉しいことです。
ちなみにこの号では、
アブルッツォの風景を描くイギリス人画家の作品を、
4ページに渡って紹介していました。

寒い日曜の午後ですが、
心ほっこり、
テンションあがりまくり、
まさに私にとってのこの上ない救援物資です。

Giannaさん、ホンマにどうもありがとうございました!!

(にしてもスイスから5日で日本に届いてますよ、すごいなスイス)

投稿者 uko : 16:46 | コメント (4)

2011年1月12日

またまた

遅ればせながら、
皆様、あけましておめでとうございます。
寒さにめっぽう弱い人間なので、
毎日自分との戦いの日々です。

さて、みんな大好き(?!)
BS日テレ「小さな村の物語 イタリア」
昨年のCastrovalvaに続き、
アブルッツォまたまた登場!!

1月24日、31日(再放送)で紹介されるのは。
Op!!オーピでございます。

「聞いたことあるけど、どこや??」
とガイドブックをパラパラめくると、
ラクイラ県の南西の端にチョコンとありました。
行ったことは恐らくありませんが、
私が2002年に初めて買った、
アブルッツォ版ガイドブックの表紙になっていました。
IMG_3034.jpg
国立公園内に位置し、
ここもまた鷹ノ巣の様な小さなBorgoです。

毎回思いますが、誰がどうやって
「この小さな村にしよう!」って決めてるんでしょうね。

ちなみに、ジョバさんも仰ってましたが、
今年はイタリア統一150周年にあたり、
NHKなどでも、イタリア特集が結構組まれているそうです。

みなさま、要チェックですよ~

投稿者 uko : 13:46 | コメント (4)