« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月30日

アグリジェントきた~‼

foto.jpg

車でシチリア縦断。
せっかく車で来たし、とまちから離れたビラを予約!

小高い丘から神殿の遺跡が一望!
ビラの敷地には鳥とかヤギとか動物がうろちょろ。孔雀散歩してるし。
そのくせwifi使えて便利。

パレルモの喧騒からはウソみたい。
シチリアすごい!

取り敢えず今から神殿見に行って来ます!


投稿者 uko : 21:43 | コメント (0)

2010年9月29日

あの噂の...ウソ?ホント⁈


foto.jpg

イタリアのマンマは、
パンツにもアイロンをあてるらしい。

という噂。

幸運にも(?!)その現場に遭遇!



grande mamma!

投稿者 uko : 06:36 | コメント (3)

2010年9月28日

その時私は

foto.jpg

doriさんは毎日せっせと旅のブログを更新してくれています。

美しい写真(これも勿論dori撮影)満載で、
ほぼ一緒に行動してる私も思い出を共有できてとてもうれしいです。


私ができることと言えば、
彼女のためにwi-fiがつながるホテルを探すことぐらいなもんで。
いつも横で「えらいな~」と感心しながらダラダラやってます。

ほら、テレビ見たりとかさ。

もっと仕事しようよ、私。

明日からシチリアじゃ~。

(加ト吉君これすごいな!)



投稿者 uko : 07:57 | コメント (3)

2010年9月25日

Sono a Pescara

(加ト吉君が、iPhoneからの
写真アップロード方を教えてくれましたが、
研究できておらず、また文字のみブログです。)

旅の相棒dori
そしてロンドンで合流して
ミラノまで一緒に旅をしたチャーリーと別れ、
昨日の夜ついにアブルツォに帰省。
doriは只今ヴェネツィア、
明日はフィレンツェに移動です。

私はと言えば、
限られた時間の中で、
1人でも多くの友人に会いたいと思いつつ、
なかなかギリギリまで
予定を決めてくれない彼らと、
綱渡りみたいな日程調整の日々です。

そんな中、本日、
去年の夏以降集まっていた募金を、
ビーニ氏と送金してきました。
そして日曜には改めて被災地を訪れる予定です。

そしてそして、
明日の朝はついに、
sakaeさんとアブルツォで再会です!
sakaeさんのアブルッツェーゼ友達と会えるのも
とても楽しみ♪

週明け火曜からは
doriと合流して、
ついに、未知の世界シチリアへ向います。

取り敢えず今日はそんなところで。

おやすみなさい。

投稿者 uko : 06:24 | コメント (2)

2010年9月16日

Siamo a Roma!

15日の夜に無事ローマに着きました。

今日は朝から快晴!
コルネットとカプチーノで充電し、
初イタリアのdoriとThe観光開始!
スペイン階段を皮切りに、
加ト吉が10年前に知り合った
占い師ドゥリムさんに手相をみてもらい、
トレヴィの泉行って、
パンテオン、ナヴォーナ広場行って、
カンポディフィオーリで市場覗いて、
パニーニ食べて、
バチカン見て。
そしてローマに来てたジャンナさんと合流!
お茶してすぐお別れでしたが、
会えてよかった~!

で、10年数年振りに真実の口で真実を確かめ、
コロッセオまで歩いて、
スーパーでサラダとリンゴ買ってホテルへ。
サラダだけ食べて、
初体験、ナイトバスツアー!
秋の気持の良い夜風を受けながら、
美しくライトアップされたローマを満喫。
これなかなかオススメ。

ちょっと冷えた体を
ホテルの二件隣にある
トラットリアの野菜スープで温めて、
さっき帰って来ました。

てか一日目から歩いたなー。
気候もサイコー、
充実&満喫の一日でした。

このブログ、
携帯から更新してて写真アップできまへん。

旅の相棒が写真タップリで、
ブログアップしてるので、
こちらで我々の動き追っかけてくださんせ。
こちらから

今日感じたこと。
やっぱりイタリアにおったら幸せやわ~

投稿者 uko : 23:51 | コメント (0)

2010年9月13日

このタイミングでこんなことがあるなんて...!

いよいよGiannaさんは明日から、
私も明後日からイタリアです。

と言っても私は1ヶ月で帰ってきますが。
それでも8月から加速度的にバタバタし始め、
「次回の渡伊までには」
と考えていたことは殆ど成し遂げられておらず、
始まる前から来年に向けての反省会が始まっています。

とか言いながら、
この間ちゃっかり第3回アブ会を開催したり→
珍しくオーストラリアのワイン勉強会に行ったり、
韓国ではじけたりしてましたけど...。

そんな中、
「アブルッツォの前にせめてローマで会いたいですね。」と、
9月に日本で会うことは諦めていたGiannaさんと私。

ところが、
現地に行ってからのことをメールで調整していた最中、
私が発した言葉に、
「ukoさん、明日なんとか時間作れませんか?!」
「なんとか作ります。目処ついたら連絡します。」と、
まさかのワンチャンスでジャンナさんとの約束が成立。

当日(昨日)、
8時にはなんばに戻って来れたので、
「予約はしてないけど、アンジェロに行ってみようか」
ということに。

そこで起こった珍事。

先にネタばらししますが、
なんと、

Giannaさんと同じ苗字の人がその日たまたま予約をしていて、
しかもその人たちは来店せず、
いや、来店していたのかもしれませんが、
最初から苗字を見てGiannaさんだと思い込んでいたスタッフは、
私たちが予約する時の指定席を律儀に空けたまま。
たまたま来た私たちを
その指定席に案内してくれたのです!

さらに、店にあった予約自体は7時。

当然何も知らない私たちが店に行ったのは8時過ぎ。
まずは私がひとりで先に来店。
彼らからすると常連とはいえ1時間以上遅れて来た失礼な客。
しかも一人で来た私を見て
"まだ全員揃ってないんかい"と思ったはず。

だからS君の第一声は、
「Giannaさんと一緒ですよね。何かあったんですか?」で、
きっと心の中では
"遅れるなら連絡くらいしろよ~!"と叫んでいたに違いない。
でも私には、
"もう直ぐイタリアなのに、突然二人一緒なんて何かあったんですか?"
という風にしか聞こえず、
「いや、たまたま時間取れたから来て~ん」
と質問した方からすると的外れな返答だったろうし、
何より"まず遅れたことを謝るべきやろ...!"と怒っていたに違いない。

思い返せば、席も3人分用意されていて、
これも私は
"忙しくてセットをずらしたままになってるのかな"
程度に思っていて、
別のスタッフの子と、
私「二人だからこのワンセット下げてください。」
ス「え、一人の方都合悪くなったんですか?」
私「いや、私たち二人だけなんで」
という、今思えばちぐはぐな会話をしている。

結局Giannaさんが来られてから、
予約したしないの話になって、
予約帳を見てびっくり!
決して多くないGiannaさんの苗字で(だからこそスタッフも勘違いした)
しっかりと予約が入っていたのでした。

勿論携帯番号も違って
Giannaさんでないことは証明されたのですが、
私たちにとっては節目の意味もあった来店で起こった
まさかの出来事...
お互い狐につままれたみたいで、ちょっと鳥肌が立ちました。

それにしても本当に予約した人は何処にいったのか...汗

しかもこの日はアブルッツォワイン祭!
アブルッツォ州にあるタウレロ社のワイン、
赤白8種類がグラスで味わえる日でした。
それならば...と
ペコリーノで乾杯し、
久々のモンプルを1本空け、
例によって切り立ての生ハム、
旬のサンマのパスタ、
最近売り切れが続いていてやっと食べられたポルケッタに
舌鼓を打ったのでした。

最後まで忘れがたき晩餐。

とりあえず今週もう一度、
今度はローマで会えるかな~

投稿者 uko : 23:35 | コメント (2)