« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月17日

テロップの「アブルッツォ」に感動する

全国1億2千万人(?!)のアブルッツォファンの皆さん、
こんばんは。

本日の「小さな村の物語イタリア」はご覧いただけましたか?

私は勿論、
例によって友人の家で、
美味しいカレーをご馳走になりながら、
かぶりつきで楽しみました。
いつもホンマにありがとう。

そうです、
今日の村はアブルッツォ州の
Castrovalvaカストロヴァルヴァ
IMG_0292.jpg
まずオープニング早々、
テロップとして流された
「アブルッツォ州」に感無量。
※嬉しさのあまり、
この後もテレビに映るアブルッツォを
写真に撮りまくってしまいました・苦笑

雪の季節でしたが、
その山並みの美しいこと。
時々遠くに見えていたのは
マイエッラじゃなかったかな~
そして、
その山に鷹ノ巣の様に張り付く小さな村。
またその瓦の美しいこと。
IMG_0296.jpg
ホント、
エッシャーはどうやって
この小さな村とめぐり合ったんでしょうか。

過疎化、高齢化が進み、
今では20人に満たない住民しかいない村ですが、
村を愛し、営みを続ける人々の生活を
垣間見ることが出来ました。
時々聞こえるアブルッツォ訛りにも耳を傾けつつ。

今回の主人公はCastrovalvaに戻って
アグリツーリズモを始めた女性
(羊を飼い、チーズやサラミを自家製してました)と、
村の歴史を地域の新聞に綴り続けるおじいさんでした。

そして最後にその女性が言っていました。
「小さな村で暮らしているからこそ、
人間的なあたたかい絆が築けるんです。」と。

まさにそれこそが、
いつもこの番組で気づかせてくれることです。
IMG_0301.jpg
今日見逃された方、
来週も再放送してますから、
是非ご覧ください。

※写真は放送中にテレビ画面上から撮ったものです。

投稿者 uko : 23:53 | コメント (10)

2010年5月16日

今最も会いたかった方に会えました(T_T)

まだかなり興奮状態ですが、
このブログでも何度か私のバイブルとして紹介しています、
「南イタリアへ!」の著者でもあられる
陣内秀信さんに、
ついに、ついに!
会って更にはお話までさせて頂く機会に恵まれました。
ずっと、会いたい会いたいと思い続けて11年!
まさに感無量(T_T)

最近はNHKにも出演されていたので、
ご存知の方も多いと思いますが、
まさにイタリアの都市・建築史研究の第一人者です。

来週からイタリアに行く加ト吉君と、
このところ陣内先生の本を
改めて読みまくってたこともあり、
「こんなに会いたいのに、
どうやったら会えるのか、
いっそいつ東京に行ってしまおうか...」
と真剣に話していたぐらい会いたかった方です。

そんな陣内先生が、
なんと今日大阪で講義をするらしい
と加ト吉君が教えてくれたのが昨日の夕方。

生講義が聴けるなら是非!と今朝予約を入れて行ってきました。

建築や都市計画の専門家や学生ばかりの集まりだろうと思っていくと、
少しご年配の、しかも大半が女性の
なんともアットホームな講座。
これはいい意味で裏切られました。

ちなみに講義は、
ヴェネツィアから始まって、
江戸、大阪に至るまでの
水の都市の話。
たくさんの写真を使った、
楽しくて分かりやすい講義でした。

講義中も、
生陣内先生の講義を受けていることに、
涙が出そうなくらい感動してました。

で、結局講義後の懇親会にも参加することにして、
陣内先生に
「アブルッツォ愛」を短時間で一生懸命伝え、
ちゃっかり
読み始めていた先生の著書に
サインまで頂き、
IMG_0290.jpg
有り得ないくらいミーハーパワー全開で、
終始感動の時間を過ごしていました。

陣内先生、
本当に有名な方ですが、
気さくでノリの良い方で、
ますますファンになってしまいました。

先生が講義のまとめで話しておられた言葉。
「まちづくり」から「まちづかい」へ。
「つくる」という言葉に、
私個人としては少し恐れ多さを感じてましたが、
「つかう」ということなら
私にも何かできることがあるかも知れない。
そう思えました。

私ができるアブルッツォでの「まちづかい」を
しっかり考えていこう!
改めて心に誓ったのでした。

今回、ひょんなことから参加したこの講座。
中心になって動かれていた方も、
他の参加者の方もとても魅力的な方ばかりで、
そうした新たな出会いにも感謝した一日でした。

加ト吉君、ホンマにありがとう。
懇親会中もお世話かけてすみませんでした...!
でも、かなり楽しかったね♪

投稿者 uko : 21:43 | コメント (4)

2010年5月10日

今年のW杯も男前集団に期待!?というか釘付け!

脱線し続けてますけど。

W杯日本代表決まってましたね。
メンバー発表の記事からサーフィンしていたら、
こんなもの見つけてしまいました。

サッカーイタリア代表(アッズーリ)が
アッズーロ(Adriano Celentano:1968年)を大合唱してます。
ファンならずとも笑顔にならずにいられない。
選手の表情が良すぎて、楽曲と相まって、
逆に感動すらしてくるのは、
私だけではないはず。
ガットゥーゾ、トーニ(ですよね??)、
トッティ、デルピエロファンは必見!!!

せっかくの映像なので、
みなさんにもご覧頂けたらと思いまして。

いや~
にわかにW杯が楽しみになってきた♪

で、さらにオマケ。

2006年の感動をもう一度。

投稿者 uko : 17:02 | コメント (0)

2010年5月 4日

non perdere!

快晴続きのGW、
普段にも増して、昼間っからワインの日々です。
うん、よしとしよう。

イタリア好きならご存知の方も多いと思いますが、
BS日テレの素晴らしい番組
小さな村の物語 イタリア」。
家でBSが見られないので、
隔週月曜の夜は友達の家で美味しい晩御飯までご馳走になりながら、
テレビに釘付け。
(子どもか...)
ごく普通の人々のシンプルな暮らしに触れては、
毎回元気をもらっています。

そして、遂に、
5月17日及び24日放送の第69回は、
アブルッツォ登場!!でございます。
わーい、わーい。

しかも舞台は、
エッシャーがアブルッツォの風景を描き残していますと
紹介した
ラクイラ県にあるCastrovalva!!

私もまだ未踏の地。
エッシャーが愛した風景をまずはテレビで感じてみようと思います。

お見逃しなく!!

投稿者 uko : 14:05 | コメント (9)