« 2009年10月 | メイン | 2010年2月 »

2009年12月14日

中世の山岳都市

堰を切ったように、もういっちょ。

来年はというか来年からは、
もう一度というかいよいよ
ガッツリイタリアと向き合っていこうと決意を新たにしております。

そんな中、アマゾンで本を何冊か購入しているとき、
たまたまお勧め書籍として飛び込んできたのが、
この本。
51o966nrNLL__SL500_AA240_.jpg
イタリア中世の山岳都市
アブルッツォに点在する魅力的な集落、
イタリア語では「borghi」と言われるこれらの集落を、
うまく日本語にまとめられずにいたのですが、
ここで紹介される「中世の山岳都市」が私が考えるところのborghiとかなり重なります。

borghiに関する日本語の書籍を探していただけに、嬉しい出会いです。
しかもこの書籍、1991年に出版されており、
実際にイタリアを回られたのは1980年代後半。
今のように世界遺産やi borghi piu' belli d'italiaに登録される前に著者が直感や地元の人からのヒアリングで探しあてた山岳都市をレポートしているあたり、
感服に値する一冊です。

ちなみにアブルッツォ州は
カステルデルモンテとロッカカラショが紹介されています。

この著者の竹内裕二さん、
私がバイブルにしている「南イタリアへ!」の著者である
陣内秀信さんと同じ法政大学の教授だそうです。
今の私の知的好奇心が最も反応する分野です。


イタリアと言えば、
停滞中のイタリア語...
先日イタリア人の友人と飲んでいたら、
「UKOのイタリア語は長い!もっと簡単に表現すればいいよ」
との指摘をうけました。
言われてみれば、
私のイタリア語(日本語もか)は羅列してなんぼみたいなところが確かにある。
言ってくれてありがとう。
その後、
「ちょっと言いなおしてごらん」と、
「a che ora ti svegli? 何時に起きるの?」
をお酒を飲んで上手くろれつが回らないのに、
「もう一回」「もう一回」と3回も練習させられた。
なんで???

言い回しと同じく文法書や辞書に載ってるのをそのまま使ってみて、
イタリア人にびっくりされるのが、
古い言い回し。
sono saziaお腹いっぱいとか
buon mercatoお買い得な
なんかは使ったそばから「どこで覚えてきたの」とびっくりされる始末。
前までは相手が使った言い回しを
似たシチュエーションで真似して使って言葉を覚えていましたが、
最近そういう作業を怠っていたかも。
言葉はどんどん変化していくもの。
生きたイタリア語をちゃんと使えるように日常的にイタリア語に触れていたいですな。

なんか話飛んだ上にまとまってませんが、
そんなことを考える今日この頃です。

さあ、そろそろアブルッツォネタに戻ろう。


投稿者 uko : 13:46 | コメント (0)

もう一つ地元ネタ

ここに行けばあの味にありつける。

というのは安心であり嬉しいことです。
ありがたいことに、自宅から自転車圏内にあるイタリアン、
カンティーナもそのひとつ。
なんと、イタリア料理一筋30余年!という方がシェフ。
よくぞこんな南の地まで来てくださいました。
店内はシェフがローマで修業していたころの写真がいっぱい貼ってます。
単純なもので、その時点で私の店への信頼度は上がります。

日本でのイタリアンの変遷をある意味物語ると言えるかもしれませんが、
正直なところ、パスタはもうちょっとアルデンテであって欲しい...
とか思うところは少しあると言えばあります。
ただ、そこはイタリア料理が今ほど浸透していなかった頃の
シェフの試行錯誤と思うことにして。

それ以上に素晴らしいコストパフォーマンス(食べて飲んで1人3500円位)に加え、
私が愛してやまない一皿が、
この店のミネストローネ!
よくマグカップに入れられてでてくるような、
トマト臭い、グリーンピースの入ったそれとは全く別物。
RIMG1080.JPG
この、いろんな野菜エキスが染み出した色。
これがなんと、400円て!!
たまに、これだけ飲みに行きたくなります。

ちなみに、
私が今年の夏、ローマで食べたミネストローネがこれ。
RIMG0867.JPG
ご覧のとおり、見た目が似ているということは、
味もかなり似ています。

今のところ日本で食べれるミネストローネの中で、
味、値段、量、すべてをとってナンバーワン。ブラーヴォー!
いつまでも続けていて欲しい味です。
サラダ感覚で食べられるブルスケッタも美味しいです。
RIMG1079.JPG

ちなみに、ワインをボトルで頼むと
モンプルが登場します。

自転車で気軽に行けるし
地元女子(子??)とは定期的に集合する場所となっております。

以上、地元ネタでした。

投稿者 uko : 13:07 | コメント (0)

2009年12月13日

最近よくピザ食べてます。

やあやあ、ご無沙汰しております。
10、11月は心身ともに仕事に持っていかれた感じで、
アウトプットもインプットもする余裕なく、
ブログ無更新記録更新してました。

この間、吠えて回る私の相手をしてくれた皆々様、
本当にありがとう。ありがとう。

そして、至福の時間を求めて美味しいもの食べに行きまくってました。
パンチャピエーナ、マツムラ、ゴロセッタ、ガレリア、ポンピエーレ...
珍しくピザもかなり食べました。

写真NGだったり、"写真撮るより食べようぜ"のノリで、
あんまり写真撮ってません。
そして、報告が追い付きそうにありません。

ですが、
イタリアン激戦地区大阪で
キラ星のごとく燦然と輝く河内のピッツェリア、
ガレリアだけちょっと紹介。
すごくすごくお天気のいい日に母を連れてのランチ。
そこはまあ当然昼間から白ワインをデカンタでオーダーし、
アンティパストにはカプレーゼと生ハム。

ピザは水牛モッツアレラのマルゲリータと
RIMG1095.JPG
ジャガイモと大好物モルタデッラのクリームソース
RIMG1097.JPG
このクリームソース美味しかった。
サルシッチャがすきなので、
たまにイタリアでジャガイモとサルシッチャのピッツァ食べますが、
ここまでクリーミーなものは出会ったことないです。
日本人好みに作ったのかな。

アツアツの生地を食べやすいようにくるくる巻いて、
フォークを指した時に、かすかに鳴る"しゅ~~"っていう音とその感覚、
わかります!?
モチモチともサクサクとも違う"シュク"って感じ...
あ~!!!
この感覚どう伝えていいのかよく分からない...
最近美味しいピッツェリアかなり増えてきてますので、
是非この感覚楽しんでみてください。

2人で2枚じゃちょっと足らなかったけど...
「もういらん...」と思うより
余韻を残す美しい終わり方です。

地元の皆様、またドライブがてら行きませう。

投稿者 uko : 11:20 | コメント (4)