« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月31日

一見の価値

RIMG0159.JPG

「とりあえず生で見て」。
と言いたくなるものはイタリアでも本当にたくさんありますが、
Ravennaのモザイクもまさにそれでした。

早々に説明放棄。
恐縮です。

でも言いましょう。

イタリアに行かれる機会があれば、
是非とも空間全体で味わってください。

RIMG0164.JPG

RIMG0163.JPG

印象的だったのが深い青と、明るい緑と、まぶしい金色。
まるであの地の空であり、木々の緑であり、太陽の光から
生まれた様な美しい色彩でした。

一見の価値ありです。

共通券(8.5ユーロ)
Tariffa di ingresso:
Euro 8.50 (biglietto cumulativo comprensivo di: S.Apollinare Nuovo(サンタポリナーレ ヌォーヴォ聖堂, Battistero Neoniano(ネオニアーノ洗礼堂), San Vitale(サン ビターレ聖堂), Mausoleo di Galla Placidia(ガッラ プラチーディア廟))
私は駅から一番近かったサンタポリナーレ ヌォーヴォ聖堂でチケット購入。
わかりやすい地図もくれました。


投稿者 uko : 22:40 | コメント (2)

街の色が好きです、な。Ravenna

決して、赤がキツめのボローニャから来たから、
という訳ではなく、

"one day trip"とボローニャから足を延ばしたRavenna。

モザイクもそれはそれは美しかったですが、
青い空とのコントラストが美しい、
街の色が心地良かったです。

RIMG0147.JPG
ちょっと色が剥げてしまってますが、
この色味、
特に歴史的建造物周辺の建物は
レンガの色に合わせてるように思えたのですが...
RIMG0198.JPG
ほら、
RIMG0130.JPG
ほら、

RIMG0154.JPG
どうかな?


季節柄絶対的に街に人が少ないだけなのか、
車と言えばたま~にバスが走るくらいで、
地元の人たちが活用していたのがむしろ自転車。
RIMG0149.JPG
ちなみに、ダンテは「神曲」をラヴェンナで書き上げたといいます。
なので、テアトロアリギエーリ。
RIMG0152.JPG
実はお買いものスポットやカフェも充実。
皆自転車で街の中心まで乗り付けてました。

街歩きは大好きですが、
普段から爆走している自転車も、大好きな街巡りツールです。

行動範囲が広がるというのも勿論ですが、
自転車に乗っていると、なぜか歩いている時よりも、
その街との距離が縮まったように感じるのは、
普段自分が地元を自転車で走ることが多いからでしょうか??
普通自転車で移動できるのは地元の人ぐらいだからでしょうか?
何にせよ、私の好奇心は自転車のスピード位がちょうどいいらしい。
RIMG0217.JPG

ここではモザイクの美しい4つの建物を共通券で回れたのですが、
歩いて決して苦になる距離ではありませんが、
風を切って走る自転車がちょっとうらやましかった
チャリヘビーユーザー。

RIMG0129.JPG
木陰ではおっちゃんらがたむろ。
やっぱり、チャリ集合。

スケールが住むには程よさそうな街でした。

投稿者 uko : 21:03 | コメント (0)

2009年8月24日

ボローニャ料理@trattoria del rosso

ポルティコがとか、街並み再生が...
とか言ってみましたけど、
それより何より私をボローニャへ向かわせたのは、
ボローニャ料理です。認めましょう。

スキンヘッドが一見強面だけど、
話し出すとすごい優しいフロントのオジサンに
「ボローニャ料理を安く、美味しく食べたいです。」
と訴える。

「僕はお勧めだけど、
嫌だったら近くにたくさんお店があるから、
気に入ったところに行けばいいよ。」
と謙虚に教えてくれたのが、
Il Rosso
八時過ぎに行ってみると、
既にテラス席まで大賑わいで、
スタッフがすごいスピードで動きまわっていました。
一瞬躊躇するも、オジサンの顔を思い浮かべて、
エイヤで入店。

席を案内してくれたお兄さんもいい感じ。

見渡すと観光客よりも
断然地元の人たちで賑わう店内。
期待に胸が膨らみます。
まずはメニューを見て賑わいに納得。
なんと10ユーロで
プリモ→セコンド→デザート、お水が
それぞれ2~3種類からチョイスできる日替わり定食メニュー。
(しかもHPでメニューがチェックできます)

とか言いながら、
私の目当てはボローニャ料理だったので、
セットメニューはスルーしてアラカルトでオーダーしました。

アンティパストは頼まず、
プリモに選んだのは、
RIMG0116.jpg
Tortellini in brodo
何肉か聞きそびれましたが、
ハーブの効いた赤味のお肉が弾力のあるパスタに包まれています。
日本での仕事→長旅で少し疲れていた胃に、
暖かいスープが浸みこむ浸みこむ...!
至福のひと時というのは、こういう時を言うのだね。

ペロリと頂く。

店は常に満席で、
奥には団体席もあるらしく、
途中30人位の団体が吸い込まれていきました。
その店内+テラスを愛想がよくて気が利くお兄さん2人と、
愛想は良くないけど気が利くお姉さん2人が見事に捌いて行きます。
これまた圧巻。
ワインを飲みながら、そんな店内の様子を楽しみながらセコンドを待つ。

セコンドは、
RIMG0117.jpg
「何やそれ?」と思いながら敢えて聞かずに、
Cotoletta alla BologneseInsalata mistaを選びました。
カツレツの上に生ハムとチーズが乗ってました。
ガッツリ来たな。
勿論美味しく完食。

最後はエスプレッソで締めてディナー終了。

RIMG0118.jpg
外は夕方の暑さが嘘みたいに涼しくなって気持ちがいい。
美味しい食事で満たされた胃と心。
ウィンドーショッピングしながらポルティコを抜けてホテル路につきましたとさ。

帰ってホテルのオジサンに早速報告。
二人の距離が縮まった瞬間です。

ボロネーゼ万歳。

投稿者 uko : 10:48 | コメント (0)

2009年8月22日

美しい全天候型歩行者空間...ですが

RIMG0229.jpg
ボローニャと言えば、
戦後、後に「ボローニャ方式」と呼ばれる
文化による街の再生を集中的に行ったり、
「ポルティコ(柱廊)」が続く街並みが特徴的であったりと、
建築や都市計画の分野では
結構よく聞く街の名前のひとつです。

そのうち行くだろうと思いつつ、
実際何度となく行こうとはしたのですが、

「夏にわざわざ暑いボローニャは無いやろ」

と、言われ続け、
その言葉にくじけ続けて未踏の地であり続けたボローニャ。

が、
今回、
①そんなこと言っても渡伊するのはたいてい夏である
②去年逃したラヴェンナがちょっと気になる
しかも、
③その後の行程、マルケ→アブルッツォを考えると、
移動のロスが少ない。というかむしろ大変効率的。
ていうか
④エミリアロマーニャは食べるものが美味しいらしい、ぞ
と思考が働き、
ミラノを出る前日にボローニャ行きを決意(大げさ)し、
ホテルと電車を確保。

下調べなしなので、
とりあえずホテルのおじさんに地図をもらって、
美味しいレストランだけ聞いて街歩き開始。

噂どおり暑い!!
RIMG0079.jpg
うらめしや、この日差し...

そして赤レンガの街「赤いボローニャ」と言われるだけあって
(最近まで左翼民主党の本拠地だったことと掛けて)
視界に広がる赤い壁の連続が更に暑さを倍増させる。
しかも統一感を出すためか、カーテンの多くがまた赤い。

この街手ごわい...

と思って憂いでいたら登場したのが、
ポルティコ。
RIMG0073.jpg
ポルティコ
RIMG0074.jpg
雨や日差しから守ってくれる、所謂アーケード。
それでも、なるほどこれならお買い物も思ったより快適です。

RIMG0236.jpg
(時間帯によっては日差しは容赦ないですが)

気を取り直して歩き進めると、
驚くべきことに何処までもこのポルティコが続きます。
ポルティコの先には
RIMG0094.jpg
ポルティコがあって、
またその先には
RIMG0095.jpg
ポルティコ
RIMG0096.jpg
ポルティコ
RIMG0098.jpg
ポ~ル~ティ~コ~!!!
RIMG0089.jpg

帰って調べたんですが、
これ、総延長にして約42キロあるそうです。
やるとなったらところんやるのね。
確かに街としての統一感がかなり広範囲に感じられます。
ただ、街路樹が恋しくなるのは無いものねだりですか...

ちなみに、
ボローニャといえばもうひとつ有名なのが、
2つの斜塔。
広場といってもとても小さな広場(それでも7本の道が広がっている)に
2本並んで立っています。

RIMG0110.jpg
こんな感じで。

高い方の塔からは街を見渡せるらしい。
今回は登りませんでしたが、
また、
いつかの機会に...。

投稿者 uko : 13:19 | コメント (0)

2009年8月20日

ミラノのオアシス

ミラノを発つ前に必ず立ち寄りたかった場所が、
アンブロジアーナ絵画館
同じ建物には図書館とアカデミアもあり、
賑やかなドゥオーモ広場のすぐ近くにありながら、
そう、
静寂。

去年友達と来たときの印象がとてもよくて、
今年もミラノに来たら行こうと決めていました。

今回もう一度見たいと強く思っていたのが、
ラファエロが残した「アテネの学堂」原寸大の素描
確かにヴァチカンの完成品も素晴らしいのですが、
制作の過程である素描を見ると、
画家の違った、素に近い一面をのぞき見たような不思議な気持ちになります。

しかもこの絵画館、
とにかく人が少ない。

絵が傷まないように、照明が落とされたその部屋では、
作品の正面にゆったりとした椅子が並べられ、
いつまでも絵を眺めながら、身を沈めていたくなります。
絵と自分だけ。
なんとも贅沢な至福のひと時です。

ヴァチカンのあの酔いそうな程の人の多さを思うとなおさらです。

この絵画館には他にもカラヴァッジョの果物籠の静物画や、
ダビンチが残した所謂数々のダビンチコードの写本(原本は図書館所蔵)を
ゆっくり観ることができます。
スタッフのオジサンたちに声を掛けようもんなら、
ちょっとした美術の個人授業が始まることもあります。

図書館とアカデミアが併設された建物も美しく、
中庭には緑も豊かで、
しばし都会の喧噪を忘れさせてくれる、
まさにミラノのオアシスです。

昨年ゆっくりと見学したので、
今回はとにかくアテネの学堂とカラヴァッジョ見たさに入館。
電車の時間が迫っていたこともあり、
本当にその2作品だけを目に焼き付けて、
絵画館を後にしました。

ミラノを後にして、
目指すはボローニャ!!
RIMG0067-1.jpg

投稿者 uko : 15:54 | コメント (0)

2009年8月19日

なるほどそう煽りますか。

ミラノでのメインは買い物。

頼まれていた物なんかは
バカンスが本格化する前に
できるだけ買っておこうとお店巡り決行!
するも、
狙っていたいくつかのお店は既にバカンス休暇♪
ちぃ...

ついでやし、
と地下鉄でちょっと外れにあるお店を訪ねてみることに。
地下鉄を降りて地上に上がったピアッツァでは
えらい活気に溢れたメルカートが開かれていました。
そうか、月曜日か...
RIMG0054.jpg

RIMG0056.jpg
果物、野菜、日用雑貨はもちろん、
魚介もあってかなり盛り上がるメルカート。
行列のできている店があったり、袋一杯に買い込んでいる人も結構いて、
近隣の人にもかなり活用されているメルカートのようです。

"コッコメロ~!!ウ~ネエウロ~!!コッコメロ~!"
いきなり耳元ですごい威勢のいい声が飛び交う。
てか声でか。
そして何故か最後に、
"フォルツァ~!!フォルツァ~!!"
と叫ぶ。

最初は、買い物客に対して
「頑張れ~!!イケイケ!!」と煽られても...と
違和感を感じていましたが、
言われてるうちに市場の雰囲気もあいまってか
「なんかスイカ重いし暑いけど、
頑張って持って帰ろうかな...」
というテンションになってくるので、
なるほどやるな...と一人感心していました。
この戦法、仕事でも使えるかな...

それにしても、
ここで生活していたら是非とも利用したい魅力的なメルカートでした。
そして「今日のお勧めは何?」とか
「これどんな風に料理したら美味しいの?」とか
「君のお腹スイカに負けてないね、ちょっとまけてよ。」とかとか
そんなやり取りがしたい。
そして行列ができてたお店のローストチキンとかポークとかお持ち帰りしたい!!
と後ろ髪引かれまくりでメルカートを後にしました。

で、
問題のお店ですが...
こんなところにあの店が??
と思わせるやる気のない通り(失礼)沿いにあり、
「この雰囲気、絶対開いてない。」
と思ったら案の定。
RIMG0057.jpg
オープニングスーンって...???
何かよう分からんけど要はバカンスやろ。

まあいいよ。
ミラノにこんな楽しいメルカートがあるって発見できたからさ。

投稿者 uko : 23:01 | コメント (4)

ミラノのハッピーアワー

私が勝手に推測するに、
ビジネスマンの多いミラノならではの
アペリティーボの発展形。
午後7時くらいから9時くらいまで、ナヴィオリ地区を中心に、
バーやカフェでハッピーアワーというものが始まります。

日本で言うところの「ほろ酔いセット」
みたいなもんで、
アルコールを頼むと、
ブッフェ形式の軽い食事が楽しめます。

せっかくミラノにいるんだし、
ハッピーアワーに軽く飲みたいな、
と思い立って友人を呼び出す。

イタリアの夏は9時くらいまで太陽が出ていますが、
夕方になると風がだいぶ涼しくなるので、
気持ちのよいテラス席を確保。
今回行ったお店は9ユーロで、
アルコール1杯と
冷たいお皿は食べ放題、
更に暖かいお皿が1品付いていました。

1回目、こんな感じ。↓
RIMG0028.jpg
ポレンタのオーブン焼きと、
友達に味見させてもらったクスクスが美味しかったので、
2回目はこんな感じで。
RIMG0029.jpg
そして更に暖かいお皿は
イタリアで初!カレー。
RIMG0030.jpg
どんなけクスクスにはまってるねん、
という感じですが、
お米がグリーンピースライスでどうにもなりませんでした。
イタリア初カレー体験。
なかなか美味しかったです。

一般的に夜の9時くらいから食事を始める人が多いので、
仕事帰りなんかに家やレストランで食事をする前に、
友達や同僚と立ち寄るようで。
とは言えこれで結構お腹膨れます。
これ、誰か大阪でもはじめないかな。

ミラノに行かれた際は一度お試しください。
ブッフェだから楽チンですしね。

投稿者 uko : 10:41 | コメント (2)

2009年8月18日

ミラノの地下鉄は

RIMG0025.jpg
電車走行中(もちろん地下)も携帯がつながった。
試してみたけどローマは無理だった...
御堂筋線も無理やし...
やるな...

投稿者 uko : 19:49 | コメント (0)

熱烈歓迎!?

ミラノマルペンサ空港から中央駅へ向かうバスの車窓。
暗くなった街に燦然と輝くポスターが、
いきなり目に飛び込んできました。
そうこれ↓↓
RIMG0052.JPG
来たよイタリア。
パンイチで格好つける男前アスリート。
いいね~
こういうところでイチイチひとりイタリアを感じてニヤニヤしてしまいます。
よく朝張り切って激写。

イタリアだとクラクションの音から携帯の話声、駅のアナウス...
街の雑踏までが耳心地良くて、
存在していることを実感できて、
日本だと手放せないi‐podも本当に使うことがなかったな。
(時々うっせ~!と思うこともあるけど、まあそれも含めて)

なぜか、ミラノではやたら見かけたけど、
ミラノ以外では全く見かけなかったこちらのポスター。

前にピルロとかカンナバーロが同じくパンイチで、
同ブランドのポスターになっていたので、
きっとすごく有名な方々なんでしょうけど今回はどなたか存じ上げません。
プールにいるということは水泳選手ですか?ね。

こういうことで実感してる私も私ですが、
とりあえず、イタリア到着です。

投稿者 uko : 18:21 | コメント (4)

2009年8月16日

ただいま

RIMG0882.jpg
(ラクイラ県、サントステーファノディサッサーニオにある大好きなボッテガが再開してましたので記念に)

どっぷりイタリアに浸かって帰ってきました。
満喫した~!!
と思ってたけど、
帰ったとたんイタリアシックです。

結局、giovaさんが行かれた
Macerataの野外オペラにどうしても行きたくなって、
本当に家を出る10分前にチケットだけを予約して日本を脱出。
気分次第、人次第で、
ミラノから出発した旅は南はソレントまで。

アブルッツォではアブルッツォ州のビーニ氏と
丸一日かけてラクイラの被災地を見学。
予想を大きく上回る被害の大きさに心を痛めています。
後日、州事務所にもお邪魔して、
皆さんにご協力頂いた募金の送金もしてきました。
詳しくはまた後日ご報告します。
RIMG0596.jpg
(アブルッツォ州の皆さんと。募金箱を持っているのがビーニ氏)


何せ、
やっておきたかったことをして、
会いたかった人にあって、
食べたいもの食べて、
観たいものをみて...
後半は会社の電話は完全オフにして、
満喫してきましたので、
また(というか今度こそ)日記頑張ってアップしますから
また読んでくださいね。

明日から仕事。
前進あるのみやな...

投稿者 uko : 23:35 | コメント (2)

2009年8月 2日

感謝。行ってきます。

これを恒例と呼ぶべきか、
成長してないと反省するべきか、
真夜中の荷造りが一通り終了。
夕方はアブルッツォの皆の顔を思い浮かべながら
お土産選びに奔走しました。

それにしてもメインはアブルッツォとはいえ、
こんなに何も決めずに行くのは初めてだな。
まあどこか海辺で美味しいボンゴレが食べれたらいいや。

大きな紙袋いっぱいの皆へのお土産と、
ウノから預かってきたずっしりと重たい募金箱を抱えて
(皆さん、ホンマにご協力ありがとうございました!)、
帰りの電車に揺られてたら、
やっと、イタリアに行くんや~という実感が
どわ~っと湧いてきて、
やっと、自分に「1年ご苦労さん、イタリア楽しもな~」と言ってやりたくなりました。
こういう感情は初めてかも。

道の途中過ぎて何かを達成できたわけではないけど、
非力ながらも何事にも立ち向かっていた1年だったんじゃあないかな。
そしてそんな1年だったからこそ、
近しい人達の偉大さとその存在に感謝することがホンマ多かったです。
というか多いです。というかこれからも多くなりそうです。

なんか感傷的になりすぎても何なので、
とにかくにイタリア行く前に皆に感謝の気持ちを伝えたかったということを
しっかり伝えて。

いってきやす。

投稿者 uko : 03:29 | コメント (0)