« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月20日

ひとりごと

魚のスープを見ようと思ったら、
弟のVHSが壊れてました...
どこに行けばこれが見られるのか見当がつきません。
今思い当たるのは、会社の会議室。
それは気分じゃないな・・・

年末イタリアに行こうと思ってましたが、
仕事が私の休日を侵食するし、
お金のない時に無理にお金使うこともないか。
と思い直して断念。
その代りという訳でもないですが、
最近I‐pod touchを手に入れた(購入したのではなく)ので、
イタリアの曲をいっぱいダウンロードして、
聞きまくってます。

そんな訳で、最近の私を因数分解すると
「仕事+食事+睡眠+イタリアの歌」
みたいなことになっています。

こんなけ聴いてても、
日本語で考えごとばっかりしてるせいで、
たまにイタリアの友人と電話とかしても言葉が全然出てきません。
メールなんかは、たぶんもっとひどいことになっていると思います。
誰か私のイタリア語の乱れを、日本語で表現してくれないかな~
ともかく、話せないと→話すのが億劫になる→もっと話さない→もっと話せない
ループにはまっていくので、それを阻止するためにも、
クリスマスを利用して、話す機会を作っていこうと思います。

そんなところで。
Buon Natale!

投稿者 uko : 22:29 | コメント (0)

2008年12月 5日

魚のスープ zuppa di pesce

Image090.jpg
中学生のときは60年~80年代のアメリカ映画にはまり、
高校生のときにミニシアター通いが始まりました。
イタリア、フランス、スペイン、イラン...とにかく知らない国に旅行に行く感覚で、
色々な国の映画を観るのが好きでした。
それは今も変わりませんが。

当然、今よりももっと世間知らずでしたから、
当時、衝撃だけ受けて、結局どういう映画だったか意味がよくわからず、
大人になってからもう一度見直した映画も結構あります。
その中でも、"裸のお姉さんが砂浜を走ってる"という、
当時にしては衝撃的な映像だけが焼き付いている映画がこの「魚のスープ」。
今でもそうですが、タイトルに食べ物の名前がついている映画への執着が強く、
喜んで見に行ったものの、よくわからずある種裏切られて帰ってきた記憶だけが、その鮮烈な映像と共に残っています。
ずっとずっと見直したい思い続け、でもレンタルビデオ屋でも見つけることができず、
私の記憶が違ったのか???
と思っていたのですが、このたび、ついにネット上で発見!
1993年の映画ということは、間違いなく高校時代に見た映画です。
VHSです。よく残っていました。
弟の部屋で、弟がいない時に、じっくり楽しもうと思います。

投稿者 uko : 22:10 | コメント (0)