« 2008年3月 | メイン | 2008年5月 »

2008年4月20日

こんな時は

仕事中です。
集中が途切れたので、気分転換にブログを書くことにしました。

ちょっと前になりますが、
ついに6時間超大作、
「輝ける青春」観ました。
518WJSW43TL._SL160_.jpg

最初の1時間は登場人物が多かったりで
馴染めなかったのですが、
その後はどんどん感情移入してしまい、
引き込まれていきました。
あろうことか、
後編の3時間は平日にも関わらず
夜中に一気に見てしまう始末で。

あの映画に果たして6時間は必要だったのか。

というのが、映画評なんかをみると論点のひとつになっていますが、
私はあえて必要だったという方に1票。
多分これは個々の映画の見方に寄るだろうから
正しいも間違いもないんですが、
正直疲れるし、最初はつらかったけど、
あれだけの登場人物の40年間の心情の変化を
綴ろうとすると、私には6時間で描くことに抵抗はなかった、
というかむしろ6時間あってよかった。
しかも、実は私直ぐにもう一回最初から最後まで見直しました。
見直した動機は例によって非常に不純で、
マッテオ役の
アレッシオ・ボーニに惚れました。
次イタリア行ったら絶対DVD買って来よう!

なんじゃそら。
と突っ込みを背に受けながら、
職務に戻ります。
お腹減ったよ…

投稿者 uko : 21:11 | コメント (0)