« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月31日

将来有望

DSCF6640.jpg
夏のバカンスはそのうちの2週間を
フィレンツェで学校に通いながら過ごしました。

元来学校好きではありますが、
今回も毎日楽しく通いました。
レベルや先生なんかが良かったのも勿論ありますが、
特にメンバーが良かった。
最初の一週間は4人。
その中の一人にスイスのドイツ語圏から来た
ヤマンという男の子がおりました。

これがま~
男前でした!
(写真ではいまいち伝わらないな~)

他のクラスの若い女の子達からも
絶大な人気を誇っていたヤマン。

授業中私たちは常にペアで
問題解いたり、作業したりしてたのですが、
可愛いのなんの。
ハタチそこそこの子なので、
弟?もしくは息子??的に可愛い。

実は結構イタリア語を分かってるくせに
「カピスコォ~
ペロォ~
ノンポッソォ~
(わかるけど無理)」
だらだらしゃべるのがまた可愛い。

でも宿題はちゃんとやってきたり、
前の日に踊りに行って寝不足で遅刻してきて、
決まり悪そうに笑ったり…

要するに何しても可愛い。

将来は建築家になりたい。

というのもいい。

逆に年の差を武器に信頼関係を築き上げたので、
今後も彼の成長を見届けてやろうと
勝手に思っています。

とりあえず、今度は皆でスイスに集合しようと言って
お別れしましたが。
実現しようで、これ。


投稿者 uko : 19:53 | コメント (0)

2007年10月30日

愛はあるよ

時間が変わって全然聞けなくなった(聞いてなかったけど)けど
ラジオイタリア語会話のテキスト11月号購入。
雑誌感覚です。

…とその横の棚を見たら
NHKカルチャーアワー文学の世界
の特集が
「イタリア文学の誘い~フィレンツェ・ルネサンスの文学と歴史」
でした。
今までやったら「へっ」って感じだったろうけど、
買いました。

ツタヤで既に観たやつでもいいやと
イタリア映画借りに行ったら
「風の痛みbrucio nel vento」
という映画と奇跡的に目が合ったので
迷わず借りました。

日本在住のイタリア人友達が
イタリアの店やら市場やら食べ物やら乗り物の
写真が欲しいと言うので、
これまで撮り貯めた写真をせっせと整理しました。
楽しい作業。
英語(!)を教えに行っている
小学生たちにイタリアの日常を紹介するそうです。

小学生の時にイタリアの日常に出会えるなんて羨ましい。
DSCF4456.jpg
DSCF4464.jpg
そのついでに
会社のPCのスクリーンセーバー用に
自分で撮ったイタリアの好きな風景を
これまたピックアップ。
スクリーンセーバーへの切り替え設定時間が
15分だったのを
2分に変えて、ちょっと作業を休めば
イタリアの風景スライドショーを楽しめるようにしました。

私が土地見や北欧視察で撮った写真しか見たことのなかった同僚が、
スクリーンセーバーの写真をみて、
今まで見た写真と何かが全然違うと言ってくれました。
どうやら、イタリアの写真にはどれも
「すごい愛がある」
らしい。

嬉しいじゃないか。

ピーノがメッセンジャーで呼んでいるので
このへんで。

投稿者 uko : 22:55 | コメント (3)

2007年10月15日

う~ん

DSCF6485.jpg
イタリア行きたいな。

何をネタにしようか夏に撮ってきた写真色々見てたら
派手なシャツ着たイタリアオヤジ達発見。
フィレンツェ人はフィオレンティーノ。
シエナ人はなんて言うんでしょう?


投稿者 uko : 21:36 | コメント (0)

2007年10月14日

記念撮影

DSCF6489.jpg
フィレンツェに遊びに来てくれたピーノ達との最後の夜。
そういえば、あんまり写真撮ってなかったな、
と思って記念撮影。
にしてもよく似た親子やな。

フィレンツェがいかに世界の観光地であるかを最も実感するのが、
イタリア人でありながら、英語で話しかけられてるのを見たとき。

ピーノやクリスティーナもレストランや美術館なんかで何度となく
英語で話かけられてました。
「いやいやイタリア人です」
「それはそれはどこから来たの」
みたいな感じで。

そうなってくると感覚的にむしろアブルッツォがどこか外国の様に思えてきたりして。

このトラットリアもイタリア人彼らだけだったんじゃないかな…
担当のカメリエーレがアブルッツォに知り合いがいるとか、
日本人の彼女がいたとかで微妙に盛り上がり。

総じて彼らと食べた肉料理はどれも美味しかったです。

写真またメールしときます。

投稿者 uko : 21:50 | コメント (0)

2007年10月 7日

雨上がり

フィレンツェは雨上がりの夕方がいい。
そういう投票があったら是非ここに一票。

大阪に住んでて言うのもなんですが、
ローマもフィレンツェも行くと排気ガスで鼻がむずむずします。
フィレンツェはしかも犬のオ○ッコが結構臭かった…
夏場だから特にだと思いますが、
特に散歩コースとなる川沿いとか裏路地とか…。
アブルッツォから来たクリスティーナは、
街中どこにいてもこの匂いが付いてきて、
眉間に皺が寄りっぱなし。
こうなると高い鼻も大変です。

これらを一掃してくれる雨。
夏場の夕立なんて特にありがたい。
視界は広くなるし空気も澄んで、しかも涼しくなって本当に気持ちいい。
DSCF6651.jpg
DSCF6650.jpg
思わず空を見上げたら、
街の至るところからドゥオーモのクーポラや鐘楼が見えて、
お~フィレンツェや、と妙に感動。
どこかで雨宿りしていた観光客も活動再開で、
街に再び活気がでてくる感じもすごくいい。

投稿者 uko : 17:01 | コメント (0)

2007年10月 6日

ルマカ

今年は台風が少ないな~と思っていたら、
今頃また台風が来てますね。
ここ数年、台風もさることながら、
これまでに体験したことのないような、
すごい雨、豪雨が増えてますよね。

温暖化の影響なのか、それは日本だけのことでもないようです。

フィレンツェに遊びに来てくれたピーノファミリー。
最後の夜にクリスティーナが暗闇の中で見つけました。
「ルマカ」を。
そして「ルマカが出てきたら雨だな」と。

ルマカ??
DSCF6626.jpg
ルマカ。

イタリアでは「@アットマーク」のことをその形から
chiocciola(カタツムリ)と呼びますが、
日本でのデンデン虫みたいなものなのか、
ルマカとも呼ぶそうです。
ルマ~カァ!
ではなくて
ルマカ。
なんかイタリア語の響きぽくなくて面白い。
にしてもでかいルマカ登場。

案の定。
翌日学校を出た頃にポツポツきはじめ、
家に付く頃には雷の轟音あ~んど豪雨!!
DSCF6623.jpg
雷はゴロゴロなんてものじゃなくて
バキバキ!!
どうやらその辺で落ちまくっているようでした。

外で雨に遭うのは本当に嫌いですが、
家の中で雨や雷の音を聞いているのは実は結構好き。

あまりの派手な音に思わず外に出て見てたら
お隣のフランス人マエヴァも出てきて様子を見てました。

もしかして…
と思ってたら、その後停電。
どうやら近くの木が倒れて電線を切ったらしい。
停電って大人になってからあまり経験してませんでしたが、
とにかく冷蔵庫の中身が心配になるものですね…
モルタデッラ…ヨーグルト…

投稿者 uko : 13:43 | コメント (2)