« 2007年7月 | メイン | 2007年9月 »

2007年8月26日

女2人は家でバカンス

イタリア語の恩師であり大切な友人でもある
アレッシアと2年振りにランチ。
やっぱりこの人と話す時が、
一番イタリア語を話しやすいので、
よく喋る。2人でよく喋る。

アレッシアは2年前に13年の付き合いを経て、
弁護士のファブリッツォと結婚。
2人が6年位前に親の援助で建てた家がめさめさでかい!
この家はまた別の機会に是非紹介したいと思います。
郊外とは言え、庭付きの大邸宅に、
猫12匹、犬2匹(!)と暮らしています。
今回はその大邸宅で久々に2人きりのランチです。

DSCF6149.jpg
せっかくなので、テラスで食べることにしました。
DSCF6151.jpg
食べる事がとにかく好きなアレッシアは、
料理も大好き。
この日はショートパスタでアレンジしたチーズたっぷりのラザニアと、
ほうれん草のキッシュにトマトサラダを用意してくれました。
DSCF6150.jpg
テラスからはのどかな田舎の風景が広がって、
ワインも入ってくると心からくつろいできます。
バカンス無しで働く彼女は、
遠出しなくても家で十分バカンス気分が味わえるから満足なのだとか。
DSCF6163.jpg
テラスだけでこの広さ!
DSCF6164.jpg
食後のデザートには庭で取れたフルーツを出してくれました。
チェリーの様な小さな赤い実はスモモ。
これが甘くてすごく美味しかった。
食べ過ぎた後の強い味方は勿論、エスプレッソです。

招待してもらいながら行けなかった
彼女の結婚式の写真をみたり、
共通の友達の近況を聞いたり、
仕事の話やら家族の話やら…
尽きることのない話題に
あっという間に時間が経ちます。

投稿者 uko : 22:22 | コメント (2)

2007年8月21日

多分便利なんだろう…

友達の家で何とも気になるものを発見。
DSCF6085.jpg
左の丸いバーをクルクル回すと、
無駄なく歯磨き粉(粉?)をチューブから出して
使い切る事ができる。
らしい。
右側は勿論歯ブラシ立て!

決して普及しているものではなさそうだけど、
この家ではどうやら長年愛用している様子。

飽きっぽい私は直ぐ使わなくなりそうやけど、
ちょっとうらやましい。
どこで売ってるんか聞けばよかった。

趣味:発明

とかの親戚とかが作ったんかな…
と思わず顔が浮かんだのが
何でも器用につくるマリオ…

投稿者 uko : 23:41 | コメント (0)

2007年8月19日

そんなにもらえるんか(イタリアテレビ事情)

イタリアの多くのバラエティ番組。

有名な話ですが、とにかくめっちゃ綺麗なお姉さんが
きわどい水着姿でアシスタントを務め、番組の間に踊ったりして
番組を盛り上げ(!)ます。
初めて見たときはかなりびっくりしましたが、
最近は、圧倒的なスタイルの良さに見とれるばかりです。
そして大抵こういったお姉さん達が、サッカー選手と結婚したりします。
つまりなかなか花形の人気職業。だと思われる。
確かトッティの奥さんも踊るお姉さん出身だったはず。

さて、特に夕方の7時から9時位のゴールデンタイムは、
一般人が賞金を懸けて挑むクイズ形式の番組が多い。
夕食時に家族みんなで白熱しながら見ます。

ルールもシンプルなので今年よく見ていたのは、
mediaset canale5の「CULTURA MODERNA」
←これは夏休み限定。

挑戦者5名が特技(歌とか踊りとかコントとか)を披露し、
その出来栄えによって1~3問の質問をする権利を獲得。
ベールに包まれているゲスト(有名人)が誰なのか、
その手がかりをつかむため質問していきます。
「髪の色は?」とか「女優ですか?」とか…
そしてリストアップされた20名の中からゲストが誰か当てるというもの。

で、
その賞金がすごい。
500,000ユーロ!
50万ユーロて…。
日本円にしたら約8000万円ですよ!(1ユーロ165円で換算)
何年働かなくて済むんだろう…
DSCF6230.jpg
(↑扉の向こうの有名人はさあ誰?!)
私の記憶が間違っていなければこういった番組の賞金は
上がり続けている気がする。

ちなみに、滞在中この番組で賞金を獲得したところは一度も見れなかったけど。

(他のチャンネルでも5人の職業を当てて
250,000ユーロ獲得する瞬間は見たけど←これでもかなりショックだった…)

そろそろテレビには、バカンスで日に焼けたタレント達が
画面に戻ってくる頃です。

投稿者 uko : 18:18 | コメント (0)

2007年8月18日

夜は

アンナマリアに
「夜は何が食べたい?」
と聞かれたので、
サラダと生ハム!をリクエスト。

早速マリオの畑にサラダの材料を取りに行きます。
レタス、トマト、キュウリ…
その日食べる分を収穫します。
DSCF6082.jpg

サラダは適当な大きさに切って、
塩、オリーブオイル、ビネガーで味付けます。
野菜はこれが一番美味しい。
DSCF6087.jpg
奥に見えるピーマンと卵炒めも
マリオの畑とマリオが飼っている鶏の卵。
生ハムは、あまりに家族の需要が高いため、
2~3年前からスライサーを買ってハムもブロックで購入。
その日食べる分をその場で切って食べるから美味しい。
これまた氷水で割った赤ワインをがぶ飲みで楽しみます。

投稿者 uko : 15:23 | コメント (0)

今年も

マリオのトマトが出来ました。
DSCF6102.jpg
DSCF6103.jpg
今年は6、7月が猛暑だったため、
例年よりちょっと早めの収穫。
既に完熟です。
7月末にアブルッツォに行った時には、
トマトソースづくり真っ只中。

短い滞在期間。
アンナマリアが私の好きなパスタを毎日用意してくれます。
DSCF6108.jpg
今年作った新鮮なトマトソースを、
アンナマリア自家製のショートパスタとファッジョーリ(豆)でいただきます。
今年のトマトソースは甘い!!

夏は赤ワインも氷水で割ってがぶ飲みします。

トマトソースのパスタはお昼には欠かせないメニュー。
いつもマリオと2皿ずつ平らげます。
勿論この後セコンド(肉料理)も食べます。

投稿者 uko : 14:46 | コメント (2)

2007年8月17日

SAMBUCETOといえば…

ペスカーラやらサンブチェートやら聞きなれない地名が続きますが、
ペスカーラは交通の要所であり、
海有りショッピング街ありのアブルッツォ州では一番大きな街。
(※但し、州都はラクイラ)
ペスカーラ県の県庁所在地です。
サンブチェートはペスカーラ県の県境、キエティ県に属すちいさな街。
私がアブルッツォと言うときは、
大抵この街での生活をさします。
海まで15分、山まで30分のいい感じのところです。

立地以外に特に取り立てて言えることのないこの街の、
唯一無二の名物と言えば…ある景色。

その名も

la bella dormentata(眠れる美女)
DSCF6084.jpg

・・・・どうです??
ちょっと写真が小さいですけど、
右側を頭に、長い髪を流して
胸に手をあてて眠る美女が見えませんか??
・・・・・・・・・・
アブルッツォが誇る山々の稜線が作り出した偶然。

結構季節とかお天気で見れないことも多いから、
ふと見れたら私は嬉しかったりするんですけど…
どうでしょう・・・・

投稿者 uko : 16:16 | コメント (0)

アブルッツォへのアクセス

夏休みも残すところこの週末のみ…
経済のことはよく分かりませんが、
世界的な株価の下落でユーロがえらい下がってる…
150円て…もうちょっと早くそれやってくれてると
個人的には非常に嬉しかったのに…

さて、今回のバカンスは3週間。
そのほとんどをフィレンツェを拠点にすごしていましたが、
前半少しだけアブルッツォにも立ち寄りました。

いつかもしかしたら
アンナマリアのパスタを食べに行くかもしれない方のために。
アブルッツォへはどうやったら行けるのか。
(厳密にはペスカーラ)

DSCF6072.jpg
電車も飛行機もありますが、
ローマからならバスが便利です。
ローマTiburtinaターミナルからARPA社もしくはDI FONZO社のバスで
2時間半から3時間。片道15ユーロ。
このバス道は山並みがなかなか美しくて結構良い。
馬とか羊もひょこひょこ現れます。

今年は相次ぐ山火事の痕が痛々しかったけど。

DSCF6175.jpg
山並みを抜けて「ちょっと都会じゃないここ」という景色に変わったら
もうそこはペスカーラ。
電車の発着駅でもあるペスカーラCentrale。
目抜き通りを5分も歩けば海です。
ちなみにこの駅舎は結構最近に建替えられたもの。
外見は一見立派だけど、中は薄暗くて活気はないわ、使いにくいわで
情緒はない。

DSCF6176.jpg
ちなみに、
私が住んでいたSAMBUCETOというまちには、
そこからさらにCHIETI行きの路線バスに乗換え、
10~15分。
スーパーオーシャンを越えたらチャイムを鳴らす準備をします。
このバスは、学校に行く時も乗っていた最も利用頻度の高かったバス。
これに乗るとアンナマリーアのパスタまでもう少し。
見慣れた車窓からの景色に、心身ともにリラックスしてくるのが分かります。


投稿者 uko : 15:45 | コメント (2)