« 2006年5月 | メイン | 2006年7月 »

2006年6月23日

よかった、よかった

いえい、
イタリア決勝トーナメント進出おめでとう。
とか言いながら実は初めてダイジェスト以外で
試合見ましたが。
と言っても、
最初と最後の10分ずつでしたが…
個人的には、ネドベドも一緒に
決勝Tに行きたかったな~

土曜日に、micaの誕生日会も兼ねて、
福島のリストランテマツムラ
に行ってきます。
BARUNOの宇野さんお勧めなので、
今からめっさ楽しみじゃ。

投稿者 uko : 01:36 | コメント (7)

2006年6月12日

どうしろってんだい  ma che colpa abbiamo noi

3日ほど前、
真夜中、うたた寝をしてたら
電話(携帯)で起こされました。

イタリアのピーノからの電話で、
若干会話がかみ合わない…
落ち着いて聞いてみると、
「誕生日おめでとうが言いたくて」
という電話。
でも残念ながら、
ちょっと前に既に終わっていると伝えると、
思い出したらしく、
えらい悔しがってましたが…
とりあえず、ありがとう。

それはそうと、
いくら寝起きの電話とはいえ、
イタリア語がホンマに出てこなかった!

日に日に衰えるイタリア語力。

ピーノなんかは、
本気で悲しみはるから、
こっちもガーンという感じやし、

強引にカタコトの日本語で押し切るか
いや、もういいわ気にせんといて」と
会話を諦めることが増えてきた。

いかん、如何、遺憾…

で、気休めにイタリアでだいぶ前に買ったDVDを見ました。
(ここで机に向かわないからあかんねやろね)
machecolpa.jpg


「Ma Che Colpa Abbiamo Noi」
CarloVerdone監督の映画。
私の知る限りあまり日本では知られていない監督ですが、
コメディ映画が中心で、
これまた、
「その辺にいそうなイタリア人」
の日常を垣間見れる作品が多く、
好きな監督のひとりです。

ちなみにこの作品は、
カウンセリングをたまたま一緒に受けていたメンバーが、
カウンセラーに突然死なれた後も、
自分達で集まってカウンセリングを続けていき(実際それ自体は機能しないが)、
少しずつそれぞれの問題を克服していくというストーリー。
(だと思う)

英語訳もついてるので、興味ある人貸しますよ。

で、しばしイタリア語シャワーを浴びて、
「滑舌いいな~」
とか感心して、
イメトレにもなったし(!)、
今日のところはよしとしよう。

投稿者 uko : 01:21 | コメント (4)