« 2006年4月 | メイン | 2006年6月 »

2006年5月31日

思い立ったので、

ふと、思い立ったので、
明日から
韓国に行ってきます。

限られた時間の中で、
どうしても海外に行きたかったので、
韓国です。

食べるよ~!!

micaとの海外旅行も、
めさんこ久しぶりなので、
浮かれるね。

…とまあこの調子で、

私を「海外行きたい病」へ誘う原因のひとつが、
何のことはない、
私の母です。

KIF_2245.jpgコートダジュールの小さな町へ
旅立って3週間。
既に、4通の手紙が私達の手元に届いております。
いつも字びっしり。

こと細かく生活を報告してくれるのはいいのですが、
一緒にまちを見に行って知ってるだけに、
映像が浮かぶので、
めっちゃ行きたくなる!

で、今日もまた届いてました。
マティスの有名なROSAIRE教会に行ってきたらしく、
イタリア語版のパンフレットを同封してくれてました。
これはうれしかった。

根がまじめな人なので、
予習復習も欠かさず、
フランス語漬けの日々を満喫しているようです。

そればかりか、
家族と仕事から解放され、
押さえつけていた何かが弾けた様に、
好奇心の赴くまま、
あっちゃこっちゃ行きまくっているようです。

先週は、
カンヌ映画祭中のカンヌに潜入して
セレブたちを見てきたらしいのですが、
知っているのが
役所広司だけだったとか…!!

学校では、
生け花の先生ということになってるし、
太極拳はいい加減なポーズばっかりとって見せてるらしいし、
思いつきで始めた折り紙は名人とか言うてるし…
(しかも折り紙の追加頼まれた)

挙句に、向こうは気候もいいらしく、
日本の梅雨なんて、
思い出したくもないし、
思い出さない

そうです。
さよけ。

まあ楽しくやってるみたいで何よりです。
はい。


では行ってきます。
ってすぐ帰ってくるけど。

投稿者 uko : 23:41 | コメント (5)

2006年5月26日

私も食べたい voglio anch'ioooo!!!

昨日感動したことと言えば、
ペスカーラへ旅立ったsakaeさんが、
無事、
アンナマリーアとマリオの元へ
たどり着いたこと!

心配で電話してみると、
マリオがベランダに出て、
まさに2人を出迎えるところでした。

sakaeさんが
あの歩き慣れた道を歩いている風景、
アンナマリーアたちと同じ空間にいる風景が、
手に取るように浮かんで、
なんというか、
えらい感動した。

KIF_1894.jpgアンナマリーアに
「あんたのスパゲティもゆがいてるのに、
あんたはいつ着くんや?」
と言われて、本気で飛んで行きたくなった。


←アンナマリーアのパスタ。

シンプルなトマトパスタに、
新鮮な青唐辛子と、
チーズをたっぷりかけて食べるんだろうな~

今はマリオが大好きなそら豆が旬だと言ってたから、
生のままオリーブオイルとお塩で食べてるんやろ~な~

うご~!!私も食べたい…!

投稿者 uko : 11:26 | コメント (7)

2006年5月25日

イルハン!

水曜日にkkoとめっちゃ久しぶりに食事をしました。
天王寺の秘密兵器
COMUSO
「リボリータ」
お野菜たっぷりで美味しかったです。
ありがとうございます。

日が長くなったせいで(とういうか始めるのも早かったけど)
平日なのに、
外が明るいうちから
ワイングラスを傾ける贅沢

腹ごなしにカフェに行くと、
一生懸命イタリア語の勉強をしている
日本男子
それを教える
イタリア男子
発見。

このイタリア人、
「お金もうてんねんからもうちょっと…」
と言いたくなるほど、
愛想がなかった。

けど、
いつ来ていつ消えたかも定かでない、
あのイルハンに似た
男前。

2人ともちょっとソワソワ。
彼らが勉強している内容と、
イルハンのが気になる。

そして、
日本男子が持っていた
手書きノートの分厚さに、
己の絶対的な勉強量の少なさを省みる。

帰りに立ち上がったイルハンは
ちいちゃかったけど、
イルハンはイルハンやし。

来週は火曜日がレッスンらしいよ、kko。

投稿者 uko : 10:54 | コメント (2)

2006年5月21日

気持ちアブルッツォ faccio finta di essere in abruzzo

DSC00137.jpgえ~っと。
怒涛のプレゼン月間で、
文字通り、休む間もなく
提案書作成マシンと化しております。

そんな中、
このブログを通じて知り合った
sakaeさんが
来週からペスカーラに行かれる
ということで、
夜中にごそごそと、
ガイドブックやら地図やら写真やらを
引っ張り出して
気持ち
アブルッツォ逃避行
させてもらっております。

ちなみに、写真は、かろうじてロンリープラネットや
陣内秀信さんの本で紹介される、
アブルッツォの州都ラクイラ
99の噴水です。

このピンクと白の幾何学模様が
ラクイラやな~

また、次回実際に訪れて、
本当に99あるのか、
確かめてください。

当然、アブルッツォは私のものでも何でもありませんが、
今回、色んなご縁で
ペスカーラまで足を伸ばして頂けるというのは、
我がことの様に嬉しいです。

今回はどうやらペスカーラだけになりそうとのことですが、
イタリアの他の観光地にはない(!)
あのふつ~な感じを逆に楽しんできてください。

BUON VIAGGIO~

投稿者 uko : 00:19 | コメント (2)

2006年5月 7日

アブルッツォの子ども①キアラ Chiara

KIF_1648.jpg可愛いでしょ。
キアラです。
去年の夏に会った時は小学校1年生。

お母さんがプレトーロという
自然に囲まれた(確か国立公園内?)小さいまちにある、
子供向けの環境学習施設で働いているため、
去年、その町の古い家を改装して
私も住んでいたサンブチェートから、一家で引っ越しました。

初めて会った時は、彼女が4歳の時で、
遠視矯正用の牛乳瓶めがねをかけて、
人見知りが激しく、部屋の隅でただニコニコしている
女の子でした。

KIF_0700.jpgちなみに一昨年(5歳)に会った時は
こんな感じで(右:左はお姉ちゃん)
(これも十分かわいいけど)

KIF_1645.jpg一年経って
こんな感じ

顔つきが一気に変わって、
話す事もすごく達者になって、
1年の変化に
正直びっくりしました。
というかあまりの可愛さに見とれました。

ちなみに、キアラという名前。
イタリアで結構人気のある姉妹ユニット
パオラ&キアラ
というユニット名から失敬したとか…

そう、
お姉ちゃんの名前がパオラだったから、
キアラにしよかな、と。

嘘のようなホンマの話。(母談)

言い替えれば、
お姉ちゃんがミーちゃんだったから
生まれてきた妹をケーちゃんと名づけたようなもの。

か?


投稿者 uko : 20:46 | コメント (7)

2006年5月 6日

いつからだって始められる 

今年のGWは近年まれに見ぬアウトドア振りを発揮しまして、
久しぶりに太陽に長時間当ったせいか、
お菓子を食べすぎたせいか、
若干弱っております。

温泉いっぱい入って、
美味しいもん食べて、
時間を忘れて遊んでいたのにな~

---------------------------------------------
さて、
明日から遂に私の母が
フランスへ1年間の留学に旅立ちます。

英語教師でありながら、
今まで海外に行く機会もなく、
去年の夏に初めて訪れたイタリアで、

海外で暮らすのもありかも

と目覚めた母。

その1ヶ月後には、
定年を機にフランスで留学することを決めていました。

私と違って、思い立ったらすぐ行動、
の彼女は、年末の下見旅行での感触を手がかりに、
チャッチャと滞在先やら学校も決めてきはりました。

パソコンでのネットにメール、携帯電話にデジカメ、
と、
日本では使おうともしなかったイマドキの機器を
一人で使いこなさなければいけません。

我が母ながら勇気ある決断だと思います。

KIF_2246.jpgまずは、ニースから20分くらいのところにあるリゾート地、
Villefranche sur mer(写真)に滞在です。
ここは年末に一緒に行きましたが、
冬でも太陽の日差しが気持ちのいい
静かな港町でした。

ここで、2ヶ月、
その後、プロヴァンスで4ヶ月
語学を学び、
最後の半年はフランスで
フラワーアレンジメントを学ぶそうです。

山登り好きなので、
スイスのアルプスにも行きたいそうです。

たいしたもんだね。

今日は、私の手料理が食べたいということで、

パスタです。

てか、

日本料理じゃなくていいのか??

とも思いますが、
まあその辺へのこだわりも
執着心もないのがいいのでしょう。

姉弟仲良く頑張るで、
いってらっさい。

投稿者 uko : 18:14 | コメント (2)