« 2006年2月 | メイン | 2006年4月 »

2006年3月21日

駆逐 e` stato espulso da...

残高が足らず、
ネット止められていました。
未納分はまだ払ってないけど、
お客様センターに電話したら

電話をしたという行為を評価して、

「特別に」

と言って、つないでくれました。

優しいな。

ちゃんと払いますけどね。
請求書が届かないので。

・・・と、ここまでは言い訳で、
驚いたのがNHKのラジオ講座です。

ほとんど聞くこともないのですが、
面白そうな内容の時だけ、
テキストを買って、パラパラめくって
楽しんでいた、イタリア語講座


4月からの放送時間を見て目を疑いました。


朝の9時半からはそのままですが、
今まで夜の11時15分からの枠だった再放送が、
なんと、
なんと、
夕方の4時40分~って…

夜の11時以降は、
手をかえ、品をかえつつ、
詰まるところは
全て英会話にのっとられました。

それにしても4時って…
誰が聞くんや??
主婦?とか?

9時から6時まで働く労働者は無視か~い!!
「どうせ趣味なんだから、余裕もあるでしょうにCD買えば~」
ってことなんか…??

書いてるうちにまた腹たってきた。

確かに気の向いた時しか、
聞いてないけど
気が向いた時は聞きたいのだよ!

スペイン語とロシア語のリスナーに
ちょっと連帯感。

マンダリーナダックジャパンは撤退するし(!)、
ビクトリアステーションのサラダバーは消えていくし、
ピアノピアーノの100円立ち飲みは無くなるし…
(thanks mica☆)

可愛そうなことばっかりや…

投稿者 uko : 23:48 | コメント (14)

2006年3月16日

新企画、まずは主旨から。

アブルッツォのことを
色んなカテゴリーに
分解してまたつなげて…
自分独自の視点から紹介したいと思って始めた当ブログ。
(実はそうなんです)

その中で去年の夏にアブルッツォに行った時から、
自分の中で温めてきた新企画をひとつ
いよいよ始めてみようかな。

その名も「アブルッツォの子ども達」

そのまんまですけど。

当初は「美少女を追え!」的な
若干週刊誌まがいのタイトルも考えてたのですが、
さすがにちょっと胡散臭いし。
ということで。
そのまんまで。

なんせ、1年に1回くらいしかアブルッツォに帰れないとなると、
何に一番ドキドキするかというと、
子ども達の成長。

子ども達は1年で本当に成長して、
どんどん変わっていく

特に女の子は
見違えるくらい綺麗になってたりなんかして、
セクシーさに関しては、
既に小学生に抜かれてますけど…
正直女性として焦りを感じることもあったりして…;

そんなこんなで本当に、
ドキドキ、且つワクワクしながら彼女達との再会を迎えています。

で、前置き長いですが、

そんな彼女、彼らの成長していく様子を、
このブログを通して見守っていきたいな、
と考えていました。

というより、
彼女たちが美しくなっていく様を
みんなにも見ていただきたいというのが本音かも。

アブルッツォの底力は美少女にあるかもよ。
(↑この表現も胡散くさいな…)

1番手はキアラです→続く


投稿者 uko : 23:40 | コメント (2)

2006年3月13日

3月は変な奴 Marzo Pazzerello!

せっかく、春到来!と喜んでいたのに、やっぱり来ましたね、
寒の戻り
って言うんですか?

大阪でも雪が舞っていて、
春を心待ちにしている私としては、
正直かなりへこみました。

そう言えば、
イタリアにもこの時期の
不安定な気候を言い表す諺があったな…
と思い出して、
CHIETIに住むPINOに電話で確認。

"Marzo pazzerello,prima il sole poi l'ombrello"

「3月は変な奴。晴れだと思ったら雨かよ~」
てな意味です。

13032006(002).jpgしかもなんと、今日はアブルッツォも雪だったそうな!

まさにMarzo pazzerelloの仕業です。
ということで早速写真も送ってもらいました。
さらに寒そう…
さすがCHIETI…

DCP_0013.jpgちなみに3年前には、4月にも雪が降って
○十年振り~!!←忘れた
とかでちょっと話題になったな。
これはその時(2003.4.7)の写真。

なんにせよ、寒さに飽きた私にとっては、
ホンマ、もう勘弁してください。です。

そこんとこ、どうぞよろしく。

※写真はどちらもCHIETIにて、ピーノ撮影


投稿者 uko : 23:55 | コメント (9)

2006年3月 8日

国際婦人デー(ミモザの日) Festa della Donna

KIF_2184.jpg(←お正月にトゥールの花屋で)

9年前の今日、
初めてのイタリア旅行中だった私とmicaは、
確かヴェネツィアからミラノへ移動していたはず。

そこには昨日まではなかった光景が。

そう、街のそこらじゅうで、黄色い可愛い花が売られているではないか。

それも、雨が降ればどこからか傘を売り始める
あの中東のお兄ちゃんたちが。

(中東のお兄ちゃん達の)ボスの気まぐれか?

年中行事をバッチリ把握し、
消費者の需要に即座に対応する彼らのことだから、
何かあるに違いない…

と思いつつも謎のまま帰国。

・・・帰国後、母からその日が国際婦人デーであることを知らされる。
私の両親の結婚記念日でもあるのですが、
どうやら彼女がこの日を選んだらしい。

国際婦人デーは女性の地位向上を目指して、
今から100年近く前にNYで始まったもの。

イタリアでもこの日はFesta della Donna(直訳:女性のお祭り)
と呼ばれ、
ちょうどこの時期、
まぶしいくらい黄色い花を咲かせるミモザ
男性から女性に送る日になっているようです。

とは言うものの、実際に男性が女性にミモザを送る光景を、
あまり見たことはありませんが…

それでも、みんなこの日が何の日であるか、ちゃんと理解しているし、
街にはミモザの花や、ミモザをあしらったお菓子なんかが並びます。

私がいたアブルッツォでも、
この時期になると、そこらじゅうの家の庭に植えられたミモザが満開になります。
しかも日本で見るよりデカイ

以来、すっかりミモザ大好きの私は、
近所に住むジュゼッピーナの家の庭から
見事なミモザの枝を分けてもらって
部屋に飾ったり、友達に配っていました。

あまりに可愛かったので、一枝は母にも送りました。

SA330072.jpg今年も、綺麗に咲いているミモザを見つけたので、買って帰りました。
(職場に飾りました)

今や、私の大切な年中行事でございます。

投稿者 uko : 00:14 | コメント (7)

2006年3月 6日

これやばいよ… 

職場のN先輩が、お友達に教えてもらったと
すごい兵器を導入してきました。

その名もGoogle earth

・・・なんや、そんなことも知らんかったんかい・・

とか言わんといてください。

これすごいよ!!!(興奮)すごいねん!!

なんてったって、
ぐるぐるぐるぐると画面の地球儀を回せば
世界中の航空写真が見れる!!!
世界中やで、世界中!

しかもタダ

世界中ということは、
つまり、

飛行機に乗らずして、世界中の行きたいところに行ける!!

てか上から眺めるだけやん、と言われれば
それまでですが…

とりあえず自分の家があることを確認して(笑)

早速アブルッツォに飛んでみました。

なんか、涙出るね…

いつものバス通りや~とか、
マリオの家や~とか
オーシャン(スーパーの名前)や~とか言いながら。

なじみのあるところを辿るのも楽しいけど、
行ったことのないところもこれで
バーチャル旅行してみてみたいな!

アフリカとか南米とか
「行け」
と言われても
「はいよ~」
と気軽には行けないとことか、すごいすごいすごい興味あるな。

かなりの縮尺(車の色が分かるくらい)まで迫って見ることができるので、
マイブームの世界のヴァナキュラーな家とかを巡れるじゃん♪

う~ん楽しい。

想像しただけで興奮する。

しばらくかなりこれで遊べるね。

ちなみに年間400ドル払ったら、さらに
GoogleEarthPro
ってのがあったけど、
あれやったらもっともっと見れるのかと思うと
うぅ・・・気になる…

投稿者 uko : 21:53 | コメント (16)