« 2006年1月 | メイン | 2006年3月 »

2006年2月22日

イタリア語が氾濫している 

今日この頃。
こんな本見つけました。
4861930278.01.LZZZZZZZ[1].jpgイタリアンQ―イタリア語初心者向け雑学クイズ

イタリア語と真剣に関わる機会といえば、
音楽の時間にひたすら丸暗記した
「アンダンテ」「フォルテシモ」…
ぐらいなもんでしたが…

いまやイタリア料理は中華料理並みに
私たちの生活に浸透し、
車の名前や雑誌の名前にサッカーチーム…
至るところにイタリア語が氾濫しています。

でもたいていは固有名詞としての音だけに馴染んで、
その意味まで深く考えたりはしないもの。

この本はそんな日常に散らばるイタリア語たちを
幅広く広い集め、
難しい説明無しで、クイズっぽく編集しながら、
バンバン直訳しまくっていきます。

ちょいワル(←この言葉は個人的に抵抗があるが)必携とか!?
女の子の前で披露しろってか??

イタリア語をまじめに勉強する気はないけど、
ちょっと興味がある。

↑程度の方、結構楽しめますよ。

…でも「ちょいワル必見」なら、
参考書コーナーに置いても
売れないと思うけどな~

投稿者 uko : 21:04 | コメント (2)

2006年2月12日

豊岡でスローな週末④ consolarsi a Toyooka-4

さ~て、
最後の日の朝は、
朝早くから仕事に行ったtacから
「えらいことになってるから外見てみ~」
の電話で起きる。

SA330063.jpgほんまにえらいことになってました。
大雪です。
maikoの愛車mocoもえらいことになってます。

てか、こんな雪を見たのはいつ振りだろう…

そんなわけで、
寒がりのB型女2人は、
「しょうがない、しょうがない」
と自分達を納得させて
コウノトリの郷公園見学
をあっけなく却下。
(ちなみにtacはこのコウノトリの里公園も含む、
コウノトリ保護増殖センターで働いています。)

SA330065.jpgだからと言うわけではないのですが、
maikoが
ライ麦パン
という、なんともおしゃれなパンを焼いてくれました。
お世辞抜きでそこらへんのパン屋さんに
負けない美味しさでした。
さすが、中級修了

ランチも家にあるものでパパっとつくって、
おいしくいただきました。

さらに巷で有名なパン屋で
家へのお土産を調達して帰路へ。

食べることと温泉入ること以外、何かしたかな私…?

いや~すっかりのんびりさせて頂きました。

改めてありがとう。

また暖かくなったら行くからね~

投稿者 uko : 22:47 | コメント (3)

2006年2月11日

豊岡でスローな週末③ consolarsi a Toyooka-3

さて、いよいよ夜の宴の準備です。
豊岡、丹後といえばやっぱりカニですが、
今年はシケが多くあまりいい年ではなかったとか。
毎年、飽きる程カニを食べている二人も、
今年はほとんどお目にかかっていないとのこと。

「せっかくだからカニにするか!」
と意気込んでmaikoと市場へ。

・・・・・

相場とか知らないけど、
言われてみれば
確かに高い、…ような気がする。

そう思い始めると、決心がついついゆるみ、
周りのものに目がいきはじめる。

すると結構あるんだわ、魅力的なものが。
しかも
安い♪
新鮮♪

結局、女子特有
色んなものをちょっとずつ♪
にメニューを大幅変更。

カニモードで仕事から帰ってきたtacは、
ちょっと残念そうでしたが、
最終的なメニューはこんな感じです。
(どうやら食べた物の羅列が好きなので、お付き合いを)

DSC_0006.jpgとりあえず気持ちカニすき
タラバの足は天ぷらにして、
白えびはから揚げとお刺身。あま~いい!!
牡蠣は殻ごと加熱してレモンとしょうゆでツルッ。
で、ボイルしたセコガニはお腹の赤いとこがうまかった。

海の幸ありがとう!!
旅館に来たみたいな満足度です。

お腹を空かせた猫を見張りながらの料理で大変だったけど、
楽しかったね。

お腹が満たされた後、
地元の温泉でポカポカ~
ええ暮らしやな~

でも…
何だったら普段一番食べれないもの
食べそびれたんだよな~(T_T)

アワビ

食べたかったっす(>_<)

まあまた行くからね。
ありがとう。

投稿者 uko : 22:15 | コメント (0)

豊岡でスローな週末② consolarsi a Toyooka-2

2日目の朝は、早起きしてmaikoと朝市へ。
野菜と白エビと玄関に飾る花を買いました。

さらに近所のカフェでまったりとモーニングをしても
まだ9時半。
早起きするとお得だね~
分かってはいるけれど、たまの週末家にいても
なかなかできるもんではありません。

家に帰って花を活けたり
猫たちとゴロゴロしてひと休み。

SA330055.jpg次はランチだ。
と、向かった先は久美浜
かぶと山公園にあるカフェレストラン、
レセプションガーデン

丹後の海と山を借景にした
ガーデンを眺めながら、旬の味を楽しめます。

私は、ハタハタとドライトマトのぺペロンチーノ
軽く揚げたハタハタと
ほのかに甘酸っぱいドライトマトの相性が新鮮。

ハタハタは酢で〆るもんだと思ってたからね~


SA330056.jpgで、maikoは久美浜特産の牡蠣を使ったリゾットをオーダー。
タイムやディルなどハーブの香りたっぷりでこれまた新鮮でした。

てか、朝から食べてばっかりや…



投稿者 uko : 21:45 | コメント (12)

2006年2月10日

豊岡でスローな週末① consolarsi a Toyooka-1

金曜日、仕事を終えたその足で、
最終の特急に飛び乗って兵庫県の豊岡へ。

豊岡と言えば、
コウノトリの里
紀子さんご懐妊でちょっとした話題の土地。

そこに、私の幼馴染夫婦が住んでおります。

座り心地が悪い特急に揺られること、2時間半。
エコノミー症候群床ずれにでもなるんじゃないかと、
気をもんでいた時に到着。

路肩には久々に見る根雪。
なんか、めちゃ旅行気分

まずは、午前1時まで開いているという
地元の出石蕎麦屋で腹ごしらえ。

邪道
と言われながらも、「納豆そば」をおいしくいただきました。
蕎麦屋ながら、闇でサイドメニューの
肉のタタキ、スモークタン、おにぎり
の美味しさに感動。

彼らが住むのは、
新築で建てた土地付き一戸建て。
インテリアアドバイザーとして活躍していた
maikoのこだわりが光る家です。
素晴らしい。

SA330052.jpgで、同居猫2匹。
ウォッカ(左♂)とみりん(右♀)。
ウォッカはのんびり者、
みりんは好奇心旺盛なやんちゃ者。
対照的な2匹。

2匹の共通点は食いしん坊なこと。
これは飼い主に似るんだね~

SA330061.jpg夜になるとのんびりウォッカをみりんが挑発。
デカイウォッカが入って来れないような隙間に入って、
自分の身の安全を確保してから
挑発する。

策士です。

SA330062.jpgまんまと挑発に乗るウォッカ
また今日も仲良く喧嘩
お前らかわい過ぎる!!(>_<)

投稿者 uko : 19:12 | コメント (0)

2006年2月 4日

BAR UNOで節分

SA330049.jpg私の唯一無二、行きつけの店。
BAR(バール)UNO

まずは、生ハム、オリーブ、チーズ、トマトで
1杯目の赤ワインを楽しむ。
2杯目のワインを飲みながら
友達やマスターの宇野さんと雑談している間に、
パスタが茹で上がる。
私は専ら
グリエールチーズとイタリアンパセリたっぷりの
POMODORO(トマトパスタ)がお気に入りです。
無心でパスタをほうばった後は3杯目のワインで腹ごなし(!)。
電車の時間を気にしながら、最後は
極旨のエスプレッソで〆ます。

そこに行けば必ず求めている味が待っているというのは幸せなことです。
UNOでたいがい事足りてしまうので、
下手にイタリアンレストランと看板を掲げている店にいけません。

宇野さんは、ナポリのバールで
「自分の人生はこれだ!」
と決めてこの店を始めた、
実行力があって、味覚センスの素晴らしい
ええ男です。

あれ、
節分の話をするつもりが、
UNO談義に熱が…

さてさて、そんなUNOも昨日は節分モードでした。
常連さんがめちゃ旨い太巻きを買ってきてくれたので、
皆で黙々と南南東を向かって食べました。
異様な光景でしたが、妙な連帯感が生まれ面白かった。

SA330050.jpgその後は、鬼気分の宇野さんに操られるがまま
皆豆を握って外に引っ張り出され
「鬼は~外、福は~うち~!」
言いながら
豆投げまくりました。
←豆投げられてキャッキャ喜ぶ宇野氏と、
無理やり鬼にされた年女、年男の常連さん。

半ば強制的に年の数だけ豆も食べると、
ある種の達成感がわくから単純やな私も。
お腹満腹で帰路につきました。

鬼も払ったし、新たな気分で明日から
張り切っていこう。

投稿者 uko : 09:53 | コメント (1)